Excel(エクセル)技へ

振替休日を自動計算し、カレンダーに国民の祝日を表示する方法を掲載しています。

スポンサーリンク


振替休日を自動計算の方法は掲載済みの「Excel技 国民の祝日を求める」を使います。

そこで取得できた日付をVLOOKUP関数で検索し、見つかれば国民の祝日の名称を表示します。

VLOOKUP関数の使い方は「カレンダーに国民の祝日を表示する」を参照してください。

これで一度国民の祝日を登録しておけば、後は自動でカレンダーを作成できます。

作成したExcelファイルを、無料でダウンロードできるのでご利用ください。


次のExcel技「カレンダーの祝日に色を付ける」も参照してください。




振替休日を自動計算し、カレンダーに国民の祝日を表示する方法

参照元の国民の祝日シート

指定年度の国民の祝日の日付を表示させたシートです。

これは前回作成した、「Excel技 国民の祝日を求める」を使います。

振替休日を計算した日付が右端でしたが、表の左に移動しています。

移動する場合は計算式のセル位置に注意し、必要な場合は修正し正しく表示できるようにしてください。

下は2012年の国民の祝日と振替休日です。

振替休日の左のセルに日付がないのは、振替休日ではないからです。

国民の祝日シート

カレンダーの開始日を作成する

1月のカレンダーを作成します。

  1. 1月のシートを新規作成します。
  2. 年は祝日シートの入力された年を使用します。
  3. DATE関数を使い、1月1日の日付を作成します。
Excelカレンダーを作る

カレンダーを完成させる

1日からプラスし月末までの日付を作成します。

Excel技 月末の日付を求めカレンダーをつくる」を参照してください。

Excelカレンダーの完成

日付から国民の祝日を検索する

VLOOKUP関数を使い、祝日シートから日付を検索します。

祝日ならば祝日名が表示されます。祝日でなければエラーになります。

入力した数式: =VLOOKUP(B4,祝日!$B$4:$D$27,2,FALSE)

これは、「B4セルの値を、祝日シートの$B$4から$D$27セルの範囲で検索し、見つかれば2列目のデータを返す」という意味で、検索方法は「完全一致」です。

これで日付を検索し、見つかれば祝日名を返し、見つからなければ#N/Aエラーになります。

VLOOKUP関数で検索する

エラーでなければ国民の祝日名を取り出す

ISNA関数でVLOOKUP関数がエラーでなければ祝日名を取り出します、エラーの場合は空白になります。

ISNA関数とは、#N/Aエラーかどうか判定し、#N/Aエラーの場合はTRUE、それ以外のときFALSEを返す関数です。

入力した数式: =IF(ISNA(C4),"",C4)

ISNA関数でエラーかどうか判定する

VLOOKUP関数を使った列幅を見えなくする

VLOOKUP関数を使ったセルはエラーがあるので、列幅を0にし見えなくします。

これで国民の祝日が表示されたカレンダーの完成です。

同様に2月〜12月までのシートを作成し、年間カレンダーの完成です。

完成した祝日名が表示されたカレンダー

作成したカレンダーの無料ダウンロード

Excelファイル無料ダウンロード



スポンサーリンク





Copyright (C) excel.usefulhp.com All rights reserved.