Excel(エクセル)技へ

住所からIF・OR・LEFT関数を使用し、都道府県名を取り出す方法です。

スポンサーリンク


住所から都道府県名を取り出すには、色々な手法があると思いますが、ここでは文字数を使います。

都道府県名は、鹿児島県・和歌山県・神奈川県は4文字で、後は3文字です。

なのでやり方は、先頭から3文字が鹿児島・和歌山・神奈川ならば4文字取り出し、そうでなければ3文字取り出します。

先頭から指定した文字数を取り出すにはLEFT関数を使用します。

LEFT(E5,3)ならば、E5セルのデータの左側から3文字取り出すことになります。

式は「IF(OR(LEFT(E5,3)="鹿児島",LEFT(E5,3)="和歌山",LEFT(E5,3)="神奈川"),LEFT(E5,4),LEFT(E5,3)) 」になります。

「OR(LEFT(E5,3)="鹿児島",LEFT(E5,3)="和歌山",LEFT(E5,3)="神奈川")」で、先頭から3文字が鹿児島・和歌山・神奈川かどうかチェックします。

OR関数はどれか1つでも一致していれば条件を満たしていることになります。

IF関数で鹿児島・和歌山・神奈川ならば、LEFT(E5,4)で4文字取り出し、そうでなければLEFT(E5,3)で3文字取り出します。

この方法の場合、必ず都道府県名が入力されている必要があります。

次のExcel技「成績表から100点の人数を調べる」も参照してください。



住所から都道府県名を取り出す手順


住所から都道府県を取り出すExcelシート

下のシートの顧客名簿の項目が「顧客ID」「会社名」「部署名」「住所」の「住所」から都道府県名を取り出します。

元のエクセル顧客名簿

都道府県名を取り出す欄を追加します

住所の右横に都道府県欄を追加します。

ここにE列の住所から取り出し表示します。

住所録に都道府県欄を追加

都道府県名を取り出す計算式を入力します

鹿児島県・和歌山県・神奈川県は4文字なので、住所に含まれているかどうか調べ、もし含まれている場合は左から4文字を、含まれていない場合は左から3文字を取り出します。

計算式は、=IF(OR(LEFT(E5,3)="鹿児島",LEFT(E5,3)="和歌山",LEFT(E5,3)="神奈川"),LEFT(E5,4),LEFT(E5,3))になります。

LEFT関数で左から文字列を取り出す

スポンサーリンク





Copyright (C) excel.usefulhp.com All rights reserved.