Excel(エクセル)技へ

別々のセルに入力されている文字列の姓と名を連結し、氏名を作成する方法です。

スポンサーリンク


県名と市町村名、学校名と学部名などのように、別々のセルに入力されている文字列を連結したい場合があります。

文字列の連結方法は「&」(アンド)か CONCATENATE関数を使用します。

ここでは簡単な方の「&」を使い、「姓 & 名」と「姓 & スペース & 名」の2種類の方法を解説しています。

次のExcel技「顧客名簿の姓と名の間のスペースを削除する」も参照してください。



顧客リストの姓と名から氏名を作成する手順

姓と名から氏名を作成する顧客Excelシート

実行前のエクセル顧客リストです。

「姓(E列のセル)」と「名(F列のセル)」を結合し「氏名」を作成します。

エクセル顧客リスト

氏名を表示させる欄を追加します

「姓」と「名」の欄の横に「氏名」欄を挿入し追加します。

挿入は列名の上で右クリックし、表示されるメニューの[挿入]を選択します。

氏名欄を追加

氏名に結合する計算式を入力します

G5セルに移動し、計算式「=E5 & F5」を入力します。

E5セルが姓、F5セルが名なので、これを & で連結し氏名を作成します。

計算式が入力できたら、下のセルにコピーしてください。

作成した氏名

姓と名の間にスペースを入れる場合

計算式は、=E5 & " " & F5 になります。

スペースでなくても例えば「:」の場合は、=E5 & ":" & F5 になります。

間にスペースを入れた氏名


スポンサーリンク





Copyright (C) excel.usefulhp.com All rights reserved.