Excel(エクセル)技へ

ROUND関数を使用し、請求書の消費税金額を四捨五入する例を掲載します。

スポンサーリンク


四捨五入をするにはROUND関数、切り上げをするにはROUNDUP関数、切り捨てをするにはROUNDDOWN関数を使用します。

消費税計算では必ずこの3種類のどれかを使用しますが、ここではROUND関数を使い四捨五入をする例を解説します。

ROUND関数の構文:

ROUND(number[数値], num_digits[桁数])

次のExcel技「予定表に自動的に当月の日付を表示させる」も参照してください。



ROUND関数で四捨五入する方法

請求書Excelシート

請求書のExcelシートの「消費税」に四捨五入できる計算式を入力する。

下記、請求書の小計にはSUM関数が入力されていて金額の合計が計算されるようになっています。

この小計金額の消費税を計算します。

Excelで作成した請求書

四捨五入する計算式を入力します

消費税セル(F35)に、=ROUND(F34*0.05-0.1,0) と入力します。

これで小計金額の消費税が計算できます。

セルの書式設定は「通貨」にします。

請求書の消費税計算


スポンサーリンク





Copyright (C) excel.usefulhp.com All rights reserved.