Excel(エクセル)技へ

ExcelのMAX関数・MIN関数・AVERAGE関数の使い方を解説しています。

スポンサーリンク


成績表で必ず必要になる、最高点・最低点・平均点を求める方法を解説します。

最高点を算出するには、最大値を求めることができるMAX関数を使います。

MAX関数の構文:=MAX(範囲)

直接数値を入力する場合は、=MAX(数値 1, 数値 2, ...)のようになります。


最低点を算出するには、最小値を求めることができるMIN関数を使います。

MIN関数の構文:=MIN(範囲)

直接数値を入力する場合は、=MIN(数値 1, 数値 2, ...)のようになります。


平均点を算出するには、平均を求めることができるAVERAGE関数を使います。

AVERAGE関数の構文:=AVERAGE(範囲)

直接数値を入力する場合は、=AVERAGE(数値 1, 数値 2, ...)のようになります。


次のExcel技「成績表に順位をつける」も参照してください。




成績表で最高点・最低点・平均点を計算する手順

成績表に「最高点」「最低点」「平均点」の欄を追加します。

F列とG列のセルに関数を入力する欄を作成します。

元のエクセル成績表

数式を入力した結果

成績表の点数はD5〜D27です。

G4に最高点、G5に最低点、G6に平均点を表示させています。

関数を入力したエクセル成績表

入力した関数

下記の関数を入力しました。

最高点は、MAX関数を使います。 =MAX(D5:D27)

最低点は、MIN関数を使います。 =MIN(D5:D27)

平均は、AVERAGE関数を使います。 =AVERAGE(D5:D27)

数式を表示させたシートです。

数式を表示させたエクセル成績表
スポンサーリンク





Copyright (C) excel.usefulhp.com All rights reserved.