スポンサーリンク






Excelの起動時、マクロを実行させる方法

Excelが起動すると同時にマクロを実行させるには、Auto_Openプロシージャを作成します。そのプロシージャ内に実行させたいコードを入力しておきます。

VBA入力画面
Excelの起動時、マクロを実行させるコード入力画面

入力したコードです。

Sub Auto_Open()
    Range("B3") = Now & " にExcelが起動し、マクロを自動実行しました。"
End Sub

プログラムの説明

Subプロシージャの宣言
Sub Auto_Open()
B3セルに、現在の日時とメッセージを入力します
Range("B3") = Now & " にExcelが起動し、マクロを自動実行しました。"
プロシージャの終了
End Sub

Excel起動時の画面

jB3セルに、現在の時刻とメッセージが表示されました。
Excel起動時の画面

Excelマクロのサンプルファイル:フリーダウンロード


スポンサーリンク







Copyright (C) excel.usefulhp.com All rights reserved.