スポンサーリンク






セルの文字を太字にする方法

セルの文字を太字にするには、FontオブジェクトのBoldプロパティを使用します。

太字にするには、Boldプロパティを「True」にします、解除するには「False」にします。

VBA入力画面
文字を太字にするVBAの入力画面

入力したコードです。

Sub セルの文字を太字にする()
    Sheets("Sheet1").Select
    Range("B3").Font.Bold = True
    Cells(5, 2).Font.Bold = True
End Sub

Sub セル範囲の文字を太字にする()
    Sheets("Sheet1").Select
    Range("B3:C5").Font.Bold = True
    Range(Cells(3, 6), Cells(5, 7)).Font.Bold = True
End Sub

Sub セル範囲の文字を太字にしない()
    Sheets("Sheet1").Select
    Range("B3:j5").Font.Bold = False
End Sub

プログラムの説明

Subプロシージャの宣言
Sub セルの文字を太字にする()
シートを選択する
Sheets("Sheet1").Select
Rangeプロパティでセルを指定し、太字にする
Range("B3").Font.Bold = True
Cellsプロパティでセルを指定し、太字にする
Cells(5, 2).Font.Bold = True
プロシージャの終了
End Sub
Subプロシージャの宣言
Sub セル範囲の文字を太字にする()
シートを選択する
Sheets("Sheet1").Select
Rangeプロパティでセルの範囲を指定し、太字にする
Range("B3:C5").Font.Bold = True
RangeプロパティとCellsプロパティでセルの範囲を指定し、太字にする
Range(Cells(3, 6), Cells(5, 7)).Font.Bold = True
プロシージャの終了
End Sub
Subプロシージャの宣言
Sub セル範囲の文字を太字にしない()
シートを選択する
Sheets("Sheet1").Select
Rangeプロパティでセルの範囲を指定し、太字を解除する
Range("B3:j5").Font.Bold = False
プロシージャの終了
End Sub

マクロの実行画面

セルを太字にするには「セルの文字を太字にする」を実行します。
セルの範囲を太字にするには「セル範囲の文字を太字にする」を実行します。
太字を解除するには「セル範囲の文字を太字にしない」を実行します。
マクロの実行画面

「セルの文字を太字にする」マクロの実行結果
2つのセルが太字になっています。
「セルの文字を太字にする」マクロの実行結果

「セル範囲の文字を太字にする」マクロの実行結果
2つの範囲が太字になっています。
「セル範囲の文字を太字にする」マクロの実行結果

「セル範囲の文字を太字にしない」マクロの実行結果
太字がなくなりました。
「セル範囲の文字を太字にしない」マクロの実行結果

Excelマクロのサンプルファイル:フリーダウンロード


スポンサーリンク







Copyright (C) excel.usefulhp.com All rights reserved.