スポンサーリンク






セルにデータを入力する方法

セルからデータを取り出すには、CellsメソッドかRangeメソッドを使います。

■Cellsメソッド
変数=Cells(行番号,列番号)
下のようにValueを使っても可能ですが、Valueは省略可能です。
変数=Cells(行番号,列番号) .Value

■Rangeメソッド
変数=Range("セル名")
下のようにValueを使っても可能ですが、Valueは省略可能です。
変数=Range("セル名") .Value

VBA入力画面
VBA入力画面

入力したコードです。

Sub セル値の取り出し()
    Dim ln As Long
    Dim s1 As String
    Dim s2 As String
    Dim s3 As String
    
    Sheets("Sheet1").Select
    ln = Range("B3")
    s1 = Range("B4")
    s2 = Range("B5")
    s3 = Range("B6")
    
    MsgBox "【Range】" & vbCrLf & _
    "B3 : " & ln & vbCrLf & _
    "B4 : " & s1 & vbCrLf & _
    "B5 : " & s2 & vbCrLf & _
    "B6 : " & s3
    
    
    Cells(3, 4) = 34
    Cells(4, 4) = "'0034"
    Cells(5, 4) = "ab34"
    Cells(6, 4) = "=B3+10"
    
    MsgBox "【Cells】" & vbCrLf & _
    "B3 : " & ln & vbCrLf & _
    "B4 : " & s1 & vbCrLf & _
    "B5 : " & s2 & vbCrLf & _
    "B6 : " & s3
End Sub

プログラムの説明

Subプロシージャの宣言
Sub セル値の取り出し()
長整数型の変数の宣言
Dim ln As Long
文字列型の変数の宣言
Dim s1 As String
Dim s2 As String
Dim s3 As String
シートを選択する
Sheets("Sheet1").Select
B3セルの値を長整数型の変数に代入
ln = Range("B3")
B4セルの値を文字列型の変数に代入
s1 = Range("B4")
B5セルの値を文字列型の変数に代入
s2 = Range("B5")
B6セルの値を文字列型の変数に代入
s3 = Range("B6")
MsgBoxで取得した変数の値を表示する
MsgBox "【Range】" & vbCrLf & _
"B3 : " & ln & vbCrLf & _
"B4 : " & s1 & vbCrLf & _
"B5 : " & s2 & vbCrLf & _
"B6 : " & s3

D3セルの値を長整数型の変数に代入
Cells(3, 4) = 34
D4セルの値を文字列型の変数に代入
Cells(4, 4) = "'0034"
D5セルの値を文字列型の変数に代入
Cells(5, 4) = "ab34"
D6セルの値を文字列型の変数に代入
Cells(6, 4) = "=B3+10"
MsgBoxで取得した変数の値を表示する
MsgBox "【Cells】" & vbCrLf & _
"B3 : " & ln & vbCrLf & _
"B4 : " & s1 & vbCrLf & _
"B5 : " & s2 & vbCrLf & _
"B6 : " & s3
プロシージャの終了
End Sub

「セル値の取り出し」マクロの実行画面

マクロの実行画面です。
セル値の取り出しを選択し実行します。
マクロ名

B列の値をRangeメソッドで取得する。
Rangeメソッドで取得

D列の値をCellsメソッドで取得する。
Cellsメソッドで取得

Excelマクロのサンプルファイル:フリーダウンロード


スポンサーリンク







Copyright (C) excel.usefulhp.com All rights reserved.