Excel(エクセル)関数へ

Excelのシートのエラー表示を空白にし、見えなくする方法を掲載しています。

スポンサーリンク


よくあるエラー表示は、0で割る「#DIV/0!」です。

例えば月間の売上台帳や検査成績表を作成する場合、計算式が入力済みでデータのない先の日はエラーが表示になります。

エラーとは言いますが、ただデータが未入力なだけです。

このエラー表示が出ていると見にくいので空白になるようにします。

使用する関数は、セルがエラーかどうかチェックするISERROR関数と条件によって処理を分けるIF関数です。

エラーには下記の種類があります。




エラー表示を消す方法

ISERROR関数とIF関数を使いエラー表示を消します。


比較できるように、下の3種類の状態のセルを作成しました。

D6セルは関数を使用していないエラー表示の状態です。

D7セルは関数を使用し、エラー表示を空白にしています。

D8セルは関数を使用し、エラー表示を「エラー」と表示しています。

エラー表示を消したシート

入力した関数です。

D7セル: =IF(ISERROR(B7/C7),"",B7/C7)

解説:もし「B7/C7」の結果がエラーなら空白に、そうでなければ「B7/C7」の結果を表示します。

D8セル: =IF(ISERROR(B7/C7),"エラー",B7/C7)

解説:もし「B7/C7」の結果がエラーなら「エラー」と表示し、そうでなければ「B7/C7」の結果を表示します。


作成したExcelサンプルファイル:フリーダウンロード


次の関数の記事「RANK関数で順位を付ける」を掲載していますので参照してください。



スポンサーリンク





Copyright (C) excel.usefulhp.com All rights reserved.